トップ / 葬儀のことならお任せ

葬儀のことならお任せ

葬儀の本当のはなし

料理

気持ちを込めた葬儀に

人間として生きてきてそして死んで行く時には、自分一人で生きてきた人はいないので縁のあった方々にはちゃんとさようならを言って別れたいものです。それは、身に余る大げさな葬儀ではなく、亡くなった人や、残された人々の身の丈にあった葬儀のことです。静かに質素に暮らしてきた人のお別れが余りにも派手な感じになると、亡くなった人のこれまでの行き方をも、否定してしまいかねません。また、その反対に人付き合いが大好きでとても世話好きな人が亡くなった場合には精一杯のことをして別れを告げたいものです。

↑PAGE TOP

© Copyright 暮らしを支える人々とは. All rights reserved.