トップ

暮らしを支える人々とは

難しい暮らしの調査

料理

暮らしを支える調査員

ラーメン店などにいき、店員の態度や店の雰囲気、清潔さなど、店をハシゴして調査する人がいる。誰でもできそうだと思うが、実は相当難しい。あまりにもキョロキョロすれば疑われるし、食事がタダで食べられるとばかりに何も考えずに行ってしまえば気付くものも気付けない。覆面調査員も立派な仕事である。暮らしの中で、こういう職業は大切だ。店側は客にどう見られてるか、なかなかわからない。こう見られてるから気をつけようという気付きを与えてくれる存在なのだ。万引きGメンもまたなかなか難しい。警戒してるぞというオーラを出しては捕まえられないし、本当に買い物に没頭したら本末転倒である。その演技も1日2日では習得できない。このような人たちはたくさんいる。暮らしを支えるのはこういう方々だ。

住まいを決める時には調査が必要

大学進学や就職などで実家から遠く離れて一人暮らしを始める時、生活の拠点となるアパートやマンションを探すには、事前にしっかりと調査する事が重要です。飛び込んだ不動産屋ですぐに物件を決めたりすると、後悔するケースがあります。まず、予算を決め、インターネットなどで希望物件の情報を集めます。その後、間取り、交通アクセス、建物の状況、周辺の情報などの条件を勘案して絞り込み、不動産屋のサイトへ問い合わせをします。紹介物件の中から気に入った物を選び、実際に部屋を見て、騒音や日当たり、設備などをチェックして、契約をします。こうすると、安心してひとり暮らしをスタートさせることが出来ます。

↑PAGE TOP

© Copyright 暮らしを支える人々とは. All rights reserved.